2012年8月22日水曜日

ご報告と次回のお知らせ

遅くなりましたが、「深川江戸資料館と深川界隈のご報告」と次回『一枚の着物から』のおしらせ。

今回は、サイトでの告知とツイッターでの告知が不十分だったにもかかわらず、遠方より参加していただきました。有難うございました。(15時過ぎには、移動してしまいましたので、遅れていらして下さった方がいましたら、申し訳ありませんでした)

深川江戸資料館は昨年(?)リニューアルしたそうですが主に節電のため、照明関連の改修だったそうです。

朝から夕方へと照明が短時間で変化するようになっていて、そのサイクルが1時間に15分単位で2回になっているそうです。夕立などの演出もあります。

建物はすべて、江戸時代の寸法で専門の技術を伝承している大工さんが建てているとのことです。一軒一軒は狭いですが、生活するには充分なようにも感じました。

猪牙舟=ちょきぶねという小型の和船も展示されていて(運河が作れれていて浮いています)、江戸時代は大川(隅田川)に浮いた大型船から猪牙舟に荷物を小分けに移して運んだそうで漕ぎ手により一人から5人位まであるそうで、5人だととても速く、船賃も割高だったそうです。

深川界隈、富岡八幡宮は大祭のあとで、ホッとしたような雰囲気が境内に漂っていました。深川不動尊にも寄ったのですが、本堂の左手にお参り用に施設があり護摩の受付や色々な仏像などが安置されていて、だれでも拝見できるようになっていたのは知りませんでした。

不動尊まえには門前の店があり、その一軒が立ち飲みで全国のお酒が楽しめる店で、参加していただいた方と暑気払いをしました。

暑い中、有難うございました。

【次回のお知らせ】

次回は久しぶりに、和の生地を楽しむイベントを予定しています。

このイベントは、呉服店に入って色々な品々を手にとって眺めたいけれど、購入できそうにないし、まだまだ分からないから・・・という方が自由に過ごせる内容です。

実際の商品や和服の布地帯地に直接触れ感触を楽しんだり、紋や寸法について調べてみたりと、決まった目的がないので、ワイワイ・がやがやと、おしゃべりしながら、個々にお楽しみ下さいね。

和服や呉服との距離を縮めていただけたら嬉しいです。

イベント名 『一枚の着物から…No.05』

日時 9月23日 日曜日

時間 13時30分から16時30分

会場 人形町区民館 和室 5号室和室

【ご参加について】

  • 参加費用などはかかりません。
  • 会場の定員(20人)の都合により、19名まで募集します。
  • 募集方法は後日掲載します。

こちらから、お名前や個人の情報を伺うことはありません(ただし、募集応募時に返信用メールアドレスだけ、必要になる場合があります)

【内容】

  • 角帯、季節の演出も楽しい各種半衿、その他、多少の反物帯地など、実際の商品を手にとって眺められるように持参します。
  • 色々な生地の見本、紋帳、尺の物差し、色見本、柄見本帳、帯地・着物生地、他など、自由にご覧ください。(こちらはいつもの感じです)
  • 縮緬・羽二重・紬・絽・紗など、色々な生地を分解して、ルーペで眺める
  • 着物を解いてみる

などなど、検討中です。

2012年8月18日土曜日

8月19日(日) ぶらっと着物『深川江戸資料館・深川界隈』のまとめ

明日のぶらっと着物のまとめ。

【深川江戸資料館と深川界隈の散策】

  • 集合時間 午後3時
  • 集合場所 清澄白河駅改札前(都営地下鉄の大江戸線) 〔半蔵門線清澄白河駅ではホーム渋谷寄り改札を出た、やや右手側〕
  • 深川江戸資料館の入場料 大人 ひとり ¥300。

どなたでも参加できます。お子さん、ご家族連れ、ご夫婦など大歓迎です。

ゆかた・洋装など、着物にかぎらずにどうぞ。

参加希望の方は、集合場所へ直接いらしてください。

【交通機関】 地下鉄『清澄白河駅』が最適で2系統が乗り入れています。

  1. 都営地下鉄大江戸線
  2. 営団地下鉄半蔵門線

乗り換え案内はこちら【ナビタイム】で検索してください。

  • 都営地下鉄 大江戸線(一例)
    • 新宿 ⇒ 清澄白河  2012年8月19日15時0分到着
      乗換:0回
      所要時間:30分
      運賃:260円

      14:30発 新宿
      ↓都営大江戸線 六本木方面 6番ホーム
      ↓30分 260円
      15:00着 清澄白河

  • 営団地下鉄半蔵門線(一例)
    • 渋谷 ⇒ 清澄白河  2012年8月19日15時0分到着
      乗換:0回
      所要時間:22分
      運賃:190円

      14:34発 渋谷
      ↓東京メトロ半蔵門線急行 久喜行 2番ホーム
      ↓22分 190円
      14:56着 清澄白河

【ご注意】深川江戸資料館から、深川(門前仲町、富岡八幡など)まで、約1.2キロぐらいの距離があります。

熱中症予防のため散策の変更があるかも知れません。

  • 地下鉄移動(一駅)で門前仲町まで。
  • 深川江戸資料館で多少ゆっくりし、近くの喫茶店などで懇談など。
  • 集合時に皆さんの意向で、深川江戸資料館をパスして、門前仲町に移動。

など、検討中です。

それでは皆さん、ぜひ、遊びにきてくださいまし

お待ちしていますね。

2012年8月14日火曜日

8月19日(日) ぶらっと着物『深川江戸資料館・深川界隈』の追加情報

次回、8月19日 日曜日 ぶらっと着物の追加情報です。

深川江戸資料館から富岡八幡宮まで、徒歩で歩いた場合のルートは1.2キロぐらいです。

途中は、お寺または民家という感じです。

天気にもよりますが、特に暑い場合は、一駅(清澄白河から門前仲町まで)地下鉄移動も検討した方がよさそうです。門前仲町の商店街から深川不動堂・富岡八幡宮の間はお店が沢山あります。


より大きな地図で 富岡八幡宮への徒歩ルート を表示

  • 清澄白河駅の情報
    • 清澄白河駅は、営団地下鉄半蔵門線『清澄白河駅』都営地下鉄大江戸線『清澄白河駅』が連絡通路で結ばれています。
    • 大江戸線『清澄白河駅』は改札が一箇所のためわかりやすい。
    • 半蔵門線『清澄白河駅』のホーム渋谷側(押上行きの場合の後方)の改札を出ると大江戸線の『清澄白河駅』にすぐ連絡する。
    • 集合場所は、大江戸線『清澄白河駅』改札前(半蔵門線『清澄白河駅』改札前右手30メートルぐらい)。

Kiyosumi-sirakawa

  • 深川江戸資料館
    • 清澄白河駅から徒歩5分ぐらい。
    • 深川江戸資料館の情報はこちら
    • 深川江戸資料館は江戸時代の深川の町を実物大で屋内に再現した施設で、実際に歩き回れます。
    • 展示室観覧料(入場料金)が¥300かかります。
  • 深川江戸資料館界隈

霊巌寺

Reigan-ji

長専院・出世不動

Syusse-fudou

  • 門前仲町界隈
  • 富岡八幡宮と深川不動堂が主なスポットです。
  • 門前仲町の商店街は大きな商店街で食べ物屋さんが多いですね。
  • 富岡八幡宮・深川不動堂の参道にもお店があります。

富岡八幡宮

Tomioka-hatiman01
深川不動堂
Fukagawa-fudou02
Fukagawa-fudou03

それから・・・赤札堂というスーパーの脇に狭くて見過ごしそうな『辰巳新道』という小さなスナックや飲み屋のひしめき合う路地があり気になります。

Tatumi

2012年8月5日日曜日

次回のぶらっと着物は8月19日(日) 江戸深川資料館と深川界隈散策

次回のぶらっと着物は、8月19日(日)。

江戸深川資料館と深川界隈散策をします。

集合場所は、都営地下鉄大江戸線『清澄白河駅』(詳細は後日)

集合時間は、15時(真夏なので少し遅くしました。

初めに皆さんで『江戸深川資料館』を30分から40分ぐらい見学して

少し歩きながら深川界隈を自由散策し、17時30分頃、富岡八幡辺りで再び集合し解散しようと思います。

詳細は、後日、掲載をします。