2011年1月30日日曜日

本日の一枚の着物からVol.3無事に終了しました。皆さん、ありがとうございました。

本日は、寒中にもかかわらず、一枚の着物からに参加いただき有難うございました。
今回は、まず、着物や帯、洋装和装にかかわらず『織物』の基本になる3原組織を実際に紙の機で織ってみて
その仕組を見てみましょうというお遊びをしました。



上の画像がその組織を織ったところです。
織るといっても、紙の縦のスリットに緯のテープ状の紙を編みこむような感じです。
上の画像は「繻子組織」の経枚繻子です(白い部分が経糸を、黄色い部分が表に出る緯糸を表しています)。
交点は、右上に二飛となるのでそれを書きこんであります。
他に、基本的な平組織(羽二重や、紬、など)と綾組織(分かりやすいものですとデニム、綾は強い組織なので帯地などに利用されています)を織ってもらいました。
「この組織を織ってみて何か役に立つのでしょうか??」と鋭いご質問をいただきました。
特に実生活には役に立たないのですが、着物をお召になった時、艶のある地紋を織った生地ならば、繻子組織の綸子や紋織などでしょう。
その場合、表面に出る糸(上の画像ですと経糸は緯糸四本を跨いで交差します)は、経糸、もしくは緯糸〔五枚繻子の場合、裏は緯糸が経糸四本を跨いで交差します〕のどちらかが表面を覆うように見えます。
繻子組織の生地は、平組織や綾組織の生地に比べて艶が出るのですが、擦れると糸の表面が毛羽立ちやすく、水などを垂らした場合、こすってしまうと糸が擦れて白くなるため、そっと水気を吸い取るような処置が適します。
此の様なことも、生地の組織や性質を知っておくと、とっさの場合に適切な対応ができる・・・こんなメリットでしょうか?

皆さん、3原組織と格闘し、ほっと一息、お茶で休憩。
その後、生地の話から、縮緬の縮みやすい話題となり、実際に縮緬の生地から、強撚糸の緯糸を取り出して、ゴムのように伸び縮みする様子を見てもらいました。
そして「縮緬の生地は濡れる、とっても縮んで、びっくりしますよね」というお話から、縮緬の生地に少し水をつける実験をしてみました。
しかし、最近の縮緬の染下生地は、縮みにくい糸使いや、ガード加工のものがあり(反物の出荷時にガード加工されているものもあります)、お召の織物(お召は先練り、縮緬は後練りの生地ですが、どちらも強撚糸を用いた織物です)で試したところ、見事??縮んでくれました。これにま皆さんとても興味をお持ちのようでした。
その後は、持参した着物の端布や帯地、見本用の反物や帯地を自由にご覧頂きました。
また、それぞれ個々の生地の性質や、絽の生地の絽目の違いや、引箔と、樹脂箔の見分け方等、色々な話題となりました。
1時過ぎから4時半までと、ゆったりした時間で楽しみましたので、途中、ご用事の方は退出されましたが、最後まで、残られた方々と記念撮影。
今回も、何とか無事に終了できました。
皆さん、私の拙い遊びの会に参加くださり、ありがとうございました。

本日の一枚の着物からの内容です。

本日は、一枚の着物からの第三回です。
13時過ぎ頃には、会場の人形町区民館、6階の6号和室にいます。
駅に着いて迷ったり、分からない場合は、
080-6540-4429まで、連絡ください。
添付画像は内容の一部です。
また、定員に余裕がありますから、本日、飛び入りで参加したい方がいましたら、どうぞ。その場合は、kimono-kinutaya@ezweb.ne.jp まで、参加意向のメールを送信してください。
それでは皆さま、お待ちしています。

2011年1月24日月曜日

一枚の着物から Vol.3 参加募集を延長しました!28日(金)まで。

1月30日(日)の一枚の着物からへ参加のご連絡をいただいた皆さん有難うございます。

只今、10名弱の方から参加の予定を頂きました。

まだ定員の20名(私の引いて19名ですが)には余裕がありますから、どうぞ。

引き続き、

にて、参加受け付けておりますので、よろしくお願い致します。

皆さんと一緒に、着物や反物などを通じて共に楽しむ会ですから、気軽に参加してくださいね。

 

2011年1月17日月曜日

一枚の着物から Vol.3 受付フォームです。

締切りは、1月24日 月曜日です。

ご注意:受付フォームが正常に作動しない場合は kinutaya@gmail.com へ直接、参加希望のメールを送信してください。




締切りは、1月24日 月曜日です。

1月30日 (日)、一枚の着物からVol.3を企画しています。

昨年、2回行いました「一枚の着物から」の3回目を来る1月30日に行います。皆さん、遊びに来てください。

 日にち: 1月30日 日曜日
時間: 13時15分~4時頃まで(最長17時まで)。
場所: 区立人形町区民館6階 6号和室(定員20名)
費用: 特にご負担頂く費用はありません。もちろん販売等はございません。(区民館では物品販売を禁止しています
参加条件: 特に何の制限もありませんが、和室定員が20名のため、参加の意向だけ人数確認を兼ねて参加希望のみ確認させていただきます。

会場に用意するもの
l         着物・長襦袢などの残布や端布
l         紋典(家紋の辞典)
l         満開(無地染色見本)
l         小袖・図柄の本
l         実際の商品に触れてみる教材としての反物や帯地、数点(もちろん非売品)

今回の遊びは、織物の3原組織を簡単な紙の機を使って
実際に織り込んでみましょう(皆さん各自に用意します)。
平織り・綾織り・繻子織りの違いを端布を見ながら確かめてみましょう。
 あとは皆さん自由に、用意した生地や反物に触れて遊んでください。

今回の内容について:
以前は家族・親類や近所の方で着物を着る人もおり、生活の中で見聞きしながら着物の種類や着物選びなどに同席する機会が多少なりともあったのではないでしょうか。
今、着物や呉服に触れる機会は新品・リサイクルに限らず「店頭で触れる」ことが多いと思います。
そのため、着物・反物などに接する場合、どうしてもその場での「売買」の関係を保って触れることになりますね、ちょっと緊張しながらで「肩にあてて買わないのもなぁ~」という気にもなるものです(実際、自分も何か買う時そんな風に感じます)。

今回の「一枚の着物から」では、実際の反物や帯地、小物などを前回よりも、もう少し多く用意して自由に「実物」に触れてもらえる機会を増やしてみます。
それと合わせて、着物・長襦袢などの端布と紋帳、色見本、図柄本等も持参します。
着物に関心をもつ、お店で反物を選び実際に着物を着る。この中間をフォロー出来ればと考えています。

2011年1月15日土曜日

博多帯のラベルについて

本日の「ぶらっと着物」で

博多帯の証紙ラベルに付いてのご質問がありました。

改めてこちらに明記しておきます。

帯屋さんにお尋ねになるとさらに詳しい情報も得られるかも知れません。

現在のところ

証紙は原料の糸の種類により四色の表示となっています。

  • 金色 
    • 経緯=本絹使用
    • 緯糸=本絹使用
    • 上ススギ緯糸も使用
  • 緑色
    • 経糸=本絹
    • 緯糸=本絹以外の絹
    • ススギ緯糸も使用
  • 紫色
    • 経糸=本絹以外の絹
    • 緯糸=本絹以外の絹
  • 青色
    • 絹以外の繊維
    • 天然=綿、麻など・化繊・合繊

補足:本絹の定義は

  •  
    • 本絹{(飾り糸も含む)絹紡糸・酢蚕糸・増量加工糸を除く絹糸}
      • 上記、絹紡糸は副蚕糸を原料とした糸。銘仙などに用いる。副蚕糸は屑繭や玉繭や絹糸の屑などの事となっています。

ススギ糸については、精錬していない絹糸(膠質が残っている)を定義しているらしいのですが、もう少し調べてみます。

 

以上、参考にしてみてください。

博多織工業組合のサイトに証紙と上記の説明がありますのでリンクさせておきます。

http://www.hakataori.or.jp/union/syoushi.htm

本日の新春ぶらっと着物、無事終了!有難うございました。

雨や、雪も降ることがなく、何とか無事終了しました。
出世稲荷
椙森神社
小網神社と散策し
途中、芳町町会婦人部の方の鏡開きの会場で「おしるこ」と「缶コーヒー」をご馳走になりました。
その後は自由行動。
最後は人形町区民館で集合し、お茶を一服。
集合写真を撮影し解散となりました。

ご参加くださった皆さん、お疲れさまでした。
次回のぶらっと着物は2月中頃の予定です。

2011年1月14日金曜日

新春 ぶらっと着物 日本橋人形町 最終決定事項の告知です。

新春 ぶらっと着物の決定事項を再度確認しておきます。

 

『新春 ぶらっと着物 人形町』

開催日: 1月15日 土曜日

集合時間: 14時00分

集合場所: 人形町時計台(ドトールコーヒー、居酒屋北海道前)

人形町通りで水天宮交差点を背に5車線の一方通行に沿って立った場合、前に人形町交差点があります。

この状態で、人形町通りの左側の歩道の上に甘酒横丁交差点先に時計台が建っています。

注意! 時計台は、人形町通りを挟んで少し離れたところ(水天宮寄り)に、もう一基設置されています(ラーメン屋・寿司の三崎港前)ので、間違わないでください。

休憩・懇談の場所として【人形町区民館 6階 5号和室】を用意しています。必要な場合は直接5号和室へいらしてください。

人形町区民館5号和室の開放時間: 15時~17時とします。15時には私(飯塚喜隆=いいづかよしたか)が、和室に待機しています。

15時以降、いつでも和室にいらしてください。休憩談話など自由。もちろんトイレも綺麗です。お茶も飲めます。

 

解散時間: 16時00分

解散場所: 人形町区民館6階 5号和室(集合時にご案内します。)

解散後、17時までの一時間、希望される方、時間の許す方は引き続き和室にて懇談しましょう。

和室退出時間 17時00分

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

簡単な交通機関の案内

都営地下鉄の浅草線、新宿線と営団地下鉄の日比谷線、半蔵門線の4線が利用できます。

 

  • 都営地下鉄浅草線 人形町駅下車 出口はA3の場合は、エレベーターが改札階から地上まで通じています。

A3出口を利用の場合

  1. 地上に出たら、すぐに左へ、
  2. 数メートルで人形町交差点
  3. メガネバスターの「オッサンの顔の看板」を正面に見て人形町通りを横断する
  4. 横断したら、歩道を左に進む。
  5. 数十メートル歩くと(ロン→伊勢盛→近為→花見煎餅→)本屋の文教堂が見える
  6. 文教堂の角にから歩道の先を見ると時計台が見えます。

A5出口を利用の場合

  1. 地上に出たら、すぐ左へ
  2. 数メートルで人形町交差点
  3. メガネバスターの看板を正面にみて、人形町通り一方通行に逆らうように横断。
  4. 歩道をそのまま、一方通行に逆らいながら進む。
  5. 数十メートル進むと本屋の文教堂がみえる。
  6. 文教堂の角から歩道の先を見ると時計台が見えます。

 

  • 都営地下鉄新宿線 浜町駅下車 改札は一つだけ、A2出口が最も近いです。
  1. 改札をでたら、左側通路へ向かう。
  2. 通路が突き当たったら階段(又は、その先のエレベーター)で地上に上がる。
  3. 地上は緑地の歩道なのでそのまま進む。右に明治座を見る。
  4. 広い通りの交差点に出たら、直進して渡る。
  5. 渡ると甘酒横丁の通りなので、そのまま400メートルぐらい進む。
  6. 甘酒横丁の交差点に着くので信号を渡る。
  7. 渡ったら歩道を右に進む。
  8. すぐに歩道上に時計台が見える。

 

  • 営団地下鉄日比谷線 人形町駅下車 A2番出口が最も近いです。
    • 上野方面に向かっている電車の場合、ホーム後方の階段上の改札を利用。
    • 銀座方面に向かっている電車の場合、ホーム前方の階段上の改札を利用。

A2出口を利用の場合

  1. 改札をでたら突き当たりを右に曲がる
  2. 階段を上がると地上に出る。
  3. 地上に出たら、歩道を左に進む。
  4. 目の前、数メートル先の歩道上に時計台が見える。

 

  • 営団地下鉄半蔵門線 水天宮前駅下車 8番出口が一番近いです。
    • 錦糸町方面に向かっている電車の場合、ホーム後方の2基のエスカレーター上の改札を利用。
    • 半蔵門方面に向かっている電車の場合、ホーム前方の2基のエスカレーター上の改札を利用。
    • エレベーターを利用する場合は、上記と逆の改札へ向い、改札外の左側にあるロイヤルパークホテルへの連絡口へ進み、ホテル内のエスカレータで地上へ、。

8番出口を利用の場合

  1. 改札をでたら左前方のエスカレーター(または階段)で上がる。
  2. 上がったら、正面の通路を突き当りまで進む。
  3. 突き当たったら左の8番出口の階段を上がり地上へ
  4. 地上に出たら、歩道に沿ってそのまま前進する(人形町通りの一方通行に同調して進む)。
  5. 立花屋→初音→紅虎→かねまん→スガヤと進むと甘酒横丁の交差点に着く。
  6. 交差点を渡る、前方の歩道上に時計台が見える。

 
より大きな地図で 無題 を表示

 

だいたい上記のような感じです。

当日、困ったときは kimono-kinutaya@ezweb.ne.jp へメールを下さい。

また、散策時の緊急連絡先は、携帯番号を集合時に、お伝えします。

 

寒くなる予報ですから、防寒対策を。

それでは、明日、お会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

2011年1月13日木曜日

人形町の簡単な散策マップです。

『新春 ぶらっと着物』は今週の土曜日です。
いよいよ明後日ですが、どうにか雪は免れそうな天気予報です。
大変遅くなりましたが【人形町散策マップ】を簡単ですが作ってみいました。
お店の名前だけですが、先にアップします。
店の解説などは、間に合えばアップしますが、無理なら当日に持参します。

クリックすると拡大されます。

2011年1月11日火曜日

『新春 ぶらっと着物 人形町』 休憩場所として人形町区民館和室を確保しました。

新春 ぶらっと着物 人形町の開催日は1月15日ですが、一年で一番寒い時期ですね。

そのため、暖をとったり、親睦を深めたりできるスペースとして人形町区民館の5号和室をご用意しました。

一応、14時~17時の間で、利用出来るようにと考えています。

人形町は平坦で移動しやすいので散策もしやすいと思います。

散策を14時~16時までの2時間として、残りの1時間を懇談・親睦・着物情報の交換などにこの和室を利用してもらえればと考えています。

また、和室の利用時間は13時~17時なので、もし、着物に着替えて参加したい方など、希望があればできるだけ沿いたいと思います。

私の都合で14時近い時間でなくては合流できないので、その場合は何らかの方法を考えます。

希望される方は、 kinutaya@gmail.com まで、金曜日(1月14日)までに連絡をください。

【人形町区民館】については、ブログの過去記事2010.10がつの人形町区民館の案内を御覧ください。

 
より大きな地図で 人形町区民館の案内 を表示

上記が人形町区民館の位置です。地図には旧館のあった場所に人形町区民館と書かれていますが、現在(2010年10月以降)は、地図中の青いポイントに人形町区民館があります。旧館から路地を挟んだ向に移っただけですけどね。

【休憩場所として確保した場所】

人形町区民館の建物は複合施設のビルで一階正面には【中央区立人形町保育園 人形町区民館 グループホーム人形町】の三施設が併記されています。

人形町区民館の和室5号室が会場です。ビルの6階にあります。

詳細は集合時にご案内します。

1月15日 土曜日 『新春ぶらっと着物 人形町』 集合場所情報

1月15日 土曜日の『新春 ぶらっと着物 人形町』の集合場所の情報です。

人形町のメインストリートは人形町通りです。この通りの中程、歩道の上に高さ5メートルほどの時計台があります。

時計台は人形町通りの左右の歩道に各一基ずつ設置されています(ちょっと紛らわしいのですが・・・)。

人形町通りは、水天宮交差点から秋葉原手前までは、5車線の一方通行です。

今回の集合場所となる時計台は、この一方通行の進行方向に沿って立つと左側の歩道にある時計台です。

水天宮交差点から人形町交差点に向かう左側歩道ということになります。

上記の写真の時計台です。水天宮交差点から歩いて来て見える様子です。

時計台の前にはドトールコーヒーがあります。時間までコーヒーを飲んでいても集合場所が見えるので、寒い時は利用しては如何でしょう。

また、こちらの画像は人形町交差点から、人形町通り一方通行に逆らうように通り右側の歩道を歩いて来て見える時計台です。

手前、横断歩道右手角に【文教堂書店】があります。こちらから時計台までは10メートルほどですから、こちらで集合時間まで暖をとっても良いと思います。

時計台を人形町通りを挟んだ反対側の歩道から眺めた様子です。一方通行に自動車が走っているのがわかると思います。

居酒屋の【北海道】がドトールコーヒーの並び角にあり、北海道の前には木彫りのデカイ熊が置いてありますからすぐわかります。

 

集合時間は14時です。

 

2011年1月6日木曜日

新春 ぶらっと着物 1月15日 14時集合で日本橋人形町です。

皆さま、今年もよろしくお願いいたします。

今年最初のぶらっと着物は、1月15日に人形町で行います。

以前の告知よりも、開始時間が1時間遅れまして14時から16時30分頃の予定です。

人形町は商業の町ですので、本来は平日の方が楽しめるのですが、土曜日はけっこう商店も開いています。

メインの人形町通りと交差する甘酒横丁に店が多いのですが、他にも点在しています。

日本橋の七福神巡りなども狭い範囲で水天宮や椙森神社・末広神社などなど巡ってみてください。

また寒い時期なので暖をとるには、

日本橋図書館(児童書専門フロアも楽しいです)

ロイヤルパークホテル(大きなホテルでショップなどもあります)

東京シティエアターミナル(成田空港行のリムジンバス乗場ですが色々なお店があります)

など。

お茶をするなら、

ジョナサン、ガストなどのファミレスから、ドトールなどの手軽なコーヒーショップ

更に喫茶店やレストランもあります。

詳細な案内は後日掲載します。

 

『新春 ぶらっと着物 人形町』

開催日 1月15日 土曜日

集合時間 14時00分

集合場所:人形町時計台前(ドトールコーヒー、居酒屋北海道前)

開催時間14時頃から16時30分頃まで

 
より大きな地図で 人形町 時計台 を表示