2011年12月31日土曜日

日本橋七福神めぐりのコース

1月3日の『日本橋七福神めぐり』の大体のコースです。

水天宮を振り出しに時計回りで巡ろうかと思います。

  1. 水天宮【弁財天】
  2. 茶の木神社【布袋尊】
  3. 小網神社【福禄寿・弁財天】
  4. 寶田恵比寿神社【恵比寿神】
  5. 椙森神社【恵比寿神】
  6. 笠間稲荷神社【寿老人】
  7. 末廣神社【毘沙門天】
  8. 松島神社【大国主】

オマケで出世稲荷です。

お楽しみに。。。


より大きな地図で 日本橋七福神めぐり、+出世稲荷 を表示

2011年12月30日金曜日

待ち合わせ場所へのアクセス

1月3日(火)
『日本橋七福神めぐり』の待ち合わせ場所
水天宮前交番の地図

より大きな地図で ぶらっと着物1月3日(火) 七福神めぐり、集合場所 を表示


【交通アクセス】
  • 営団地下鉄【半蔵門線水天宮前駅】下車
    • ホーム前後に登りの階段・エスカレーターがあります(ホームは一本)。
    • 錦糸町方面電車では後方のエスカレーターで改札を出る。
    • 渋谷方面電車では前方のエスカレーターで改札を出る。
    • 改札を出ると、すぐにもう1階上に登るエスカレーターがあるので乗る。
    • 登り切ると、左手の出口階段・正面通路・右手出口階段がある
    • 右手出口階段【出口5番】で地上に出る。
    • 地上で5メートル戻ると待ち合わせ場所。
  • 営団地下鉄【日比谷線人形町駅】下車
    • ホーム中央あたり改札と片端に改札に登る階段がある(ホームは両側にある)。
    • 北千住方面電車下車では、ホーム後方階段を登り改札を出る。
    • 中目黒方面電車下車では、ホーム前方階段を登り改札を出る。
    • 改札を出ると、30メートルぐらいで左側・右側の通路が見える。
    • 左通路を進み、【出口A1】階段を上がり地上へ出る。
    • 地上に出たら、人形町通りです。歩道を左に進む。
    • 人形町通りを200メートル進むと水天宮前駅交差点に出る。
    • 信号を渡ると水天宮前駅交差点に着く。

  • 都営地下鉄【浅草線人形町駅】下車
    • ホームの前後に登りの階段・エスカレーターがあります(ホームは両側にある)。
    • 浅草方面電車下車では、ホーム前方エスカレーターで改札階へ上がる。
      • 右手に出る改札と正面に出る改札があるが、正面の改札を出る。
      • 出たら直ぐに左へ、すると直ぐ上りエスカレータがあるのでの上がる。
      • エスカレーターを降りたらそのまま通路を直進し、階段を上がり地上へ。
      • 地上に出ると、直ぐ左手に人形町交差点がる。
      • 交差点を渡りる( 5車線の一方通行が見えるので逆行して渡る)
      • 人形町通りを350メートル進むと、水天宮前交差点に出る。
      • 交差点を渡ると水天宮前駅交差点に着く。
    • 泉岳寺方面電車下車では、ホーム後方エスカレーターで改札階へ登る。
      • 改札は一箇所なのでそのまま出ると左手に階段その右脇通路にエレベーターがある。
      • エレベーターで地上に出る。
      • 出ると左手5メートルぐらいで人形町交差点に着く。
      • 交差点をにだり手に進む(5車線の一方通行が見えるので逆行して進む)
      • 人形町通りを350メートル進むと、水天宮前交差点に出る。
      • 交差点を渡ると水天宮前駅交差点に着く。


>
より大きな地図で 都営地下鉄浅草線人形町駅からの地図 を表示

2011年12月28日水曜日

【緊急告知!】1月3日(火) 日本橋七福神めぐり。御朱印ゲット!!

前回のぶらっと着物から、そのままになりまして、突然の告知で…。

いつも、計画性がなくて申し訳有りません。

今年初め、人形町で開催した『ぶらっと着物』で、二三の神社など巡りましたが、

御開帳・御朱印などは、期間が過ぎていまして叶いませんでした。

この度、来年の『日本橋七福神めぐり』のリクエストが御座いました。

私の時間が3日(火)しか、空きがありませんので・・・、急遽、告知いたします。

次回、ぶらっと着物、お正月プチ企画。

『日本橋七福神めぐり、御朱印ゲット!』

詳細(人形町ガイド) http://www.ningyocho.or.jp/contents/walk-course/shichifukujin.html

開催日: 2012年 平成24年 1月3日(火)

集合場所:水天宮交差点、交番前

集合時間:12時45分から13時00分

費用:無料です。(旅行会社の有料の企画もあるようですが)

七福神めぐりは、4キロ半ぐらいの工程です。

ちょっと距離がありますが平地ですから多少は楽です。

3日ですと、まだ閉まっている商店がほとんどのような気がします。

まぁ、お詣り優先のイベントということで、ご参加ください。

押し詰まった企画で申し訳ありませんが、初詣気分でご参加くださいませ。

 

2011年11月13日日曜日

本日のぶらっと着物は無事終了です。


本日の『代官山界隈と旧朝倉家住宅見学』は、お天気にも恵まれ散策日和となりました。
9名の方が参加して下さいました(お一人はお寝坊したとのことで欠席でした)。
皆さん有り難うございました。
旧朝倉家住宅も私を入れて10名の団体割引で観覧券¥80円に(¥20割引)
紅葉にはまだちょっと早かったですが、建物を散策後、お庭も一周。





そのまま、裏の出口から猿楽塚近道を通り、猿楽塚へ。
10人が登ると、身動きできない狭さで・・・。

その後、自由散策で、八幡通り散策コースと、界隈をよくご存じの方の旧山手通りコースに分かれて散策。
まったり、ゆるゆると過ぎた3時間でした。

次回は12月11日(日)頃の予定。
散策のスポットが決まりましたら、アップします。

本日、ぶらっと着物は予定通り開催します。

皆さん、おはようございます。

本日のぶらっと着物 『代官山界隈と旧朝倉家住宅見学』は、天気にも恵まれ、予定通り開催です。

集合場所 代官山駅 正面口。

集合時間 12時45分から13時00分です。

集合完了後(13時05分後ごろ目安)、希望者で旧朝倉家住宅へ徒歩移動(所要時間は5分ほど)。

集合に遅れてしまった方は、直接、旧朝倉家住宅へどうぞ。

こちらで、皆さん一緒に集合写真を撮影したいと思います(希望者のみ)。

14時前後を目安に旧朝倉家住宅を退去、その後は自由行動です。

16時に終了時の集合場所=代官山アドレスの高層ビル【ザ・タワー】前の広場に戻ってきてください。

参加時間が遅く、散策後、顔合わせしたい方もこちらの集合にどうぞ。

解散時の集合は任意です。散策を続けたい方はそのままどうぞ!

今日の流れはこんな感じです。

何か連絡・質問がありましたら 私=飯塚喜隆の携帯 kimono-kinutaya@ezweb.ne.jp 080-6540-4429 まで、ご連絡ください。

それでは皆さん、代官山でお会いしましょう。

代官山 集合場所への交通情報

交通機関の検索はこちら駅探で検索できますのでご利用ください。

 

一例ですが、代官山駅絵のアクセスです。

  • 東急東横線
    • 渋谷駅発~代官山駅着の時刻表(所要時間3分)
      • 12時39分発 各駅→12時42分着
      • 12時46分発 各駅→12時49分着
  • 東急東横線
    • 横浜駅発~代官山駅着の時刻表
      • 12時18分発 急行→自由が丘で各駅に乗り換え→12時49分着
      • 12時27分発 特急→自由が丘で各駅に乗り換え→12時55分着
  • 山手線
    • 池袋駅発~代官山駅着の時刻表(所要時間22分)
      • 12時35分発 内回り→渋谷行駅乗り換え=東急東横線へ→12時57分着
      • 12時25分発 内回り→渋谷行駅乗り換え=東急東横線へ→12時49分着
  • 営団地下鉄日比谷線
    • 南千住駅発~代官山駅着の時刻表
      • 12時02分発 中目黒行き→中目黒で渋谷行に乗り継ぎ→12時49分着
      • 12時07分発 中目黒行き→中目黒で渋谷行に乗り継ぎ→12時55分着

代官山入り口へ渋谷駅からバスが出ています。時刻表はこちら。ただし所要時間は不明です。多分20分はかからないと思いますが・・・。

また、中目黒駅、恵比寿駅からも徒歩で(着物だと・・・20分ぐらいかかるかも)代官山にも登りですけど、歩いて行けます。

参考にしてください。

 

2011年11月12日土曜日

明日は予定通りで。そして代官山駅の様子です。

明日は、お天気も上々のお散歩日和となりそうですね。

という訳で、予定通り『代官山界隈』コースでぶらっと着物を行います。

ただ、日が落ちた夕方からは、季節柄、寒くなると思いますから、防寒の一枚をお忘れなく。

 

それから、代官山駅の簡単なご案内です。

こちらに東急線代官山駅の詳細図が掲載さいれています。

ホームは地下一階扱いとなっていますが傾斜地のためトンエルではなく剥き出しです。

ホーム中央辺りにエレベーター・その前後に階段ががあり、改札は地上扱いとなります。

代官山駅は高台の上にあるため、『地上』となっています。

改札口はホームと沿う方向にあります。

渋谷駅方面に向く改札が【北口改札】(こちらは代官山アドレスから歩道橋で接続)

中目黒方面に向く改札が【南口改札】(正面口・西口・東口は、この改札を利用)

画像でご案内

改札手前の様子。改札をまっすぐ出ましょう。(下の画像)

Syoumennguti01

改札を出ると20メートルぐらい駅舎が続きます。(下の画像)

Syoumennguti02
待ち合わせの集合場所はこの辺りです。(下の画像)

Syoumennguti03
それほど広くないので、直ぐに分かると思います。

 

2011年11月10日木曜日

代官山界隈 散策マップ

代官山界隈の散策マップを作成しました。
代官山には巡りけれないほどのお店があります。掲載はほんの一部ですが、位置関係は分かるようにしました。また、解散時の集合場所を記載指定あります。
当日、多少印刷して持参します。(ダウンロードして印刷していただくとA4サイズになると思います)
Daikanyama-map00

2011年11月9日水曜日

11月13日 ぶらっと着物の決定事項です。 

『代官山界隈・旧朝倉家住宅』の情報のおさらいです。

当日の天気は、今のところ曇りか晴れなので予定通りです。

  • どなたでも参加できます。
  • 着物なら嬉しいですが、洋装でも構いません。
  • 予約などは不要です。
  • 参加希望の方は、直接、開始集合場所へ時間までにお越しください。
  • 旧朝倉家住宅を見学される方は観覧料¥100がかかります。

開始時

  • 【集合場所】 東横線 代官山駅正面口
  • 【集合時間】 12時45分~13時
    • 初めに希望者で旧朝倉家住宅を見学(見学しない方は、そのまま自由に散策してください)
    • 散策時間は約3時間

解散時・・・解散時の集合は任意です。

  • 【集合場所】 代官山アドレスの『ザ・タワー』前の広場(タワーは高層マンションで代官山エリアのランドマークです)
  • 【集合時間】 16時

集合場所の地図


より大きな地図で ぶらっと着物 代官山界隈と旧朝倉家住宅の地図 を表示

 

【交通機関】

  • 東横線
  •  【ご注意】 代官山駅には東横線の各駅列車のみ停車します。渋谷からは3分ほどです。
    • 渋谷から・・・各駅停車で3分
    • 中目黒駅からですと登り坂です。徒歩でも10~15分。
      • 線路沿い(右沿いの通り)を代官山方面に歩く。
      • 目黒川を渡る
      • 駅から30メートルぐらいで右側に並行する駒沢通りにでます。
      • そのすぐ先の『鎗ヶ崎交差点』を左折(急坂です)。
      • 50メートルぐらい先の『代官山駅交番前交差点』の歩道橋で旧山手通りを渡る。
      • 八幡通りを30メートル位(代官山スタジオ)で細い通りを右に曲がる。
      • 60メートルぐらい進むと左正面に代官山駅がみえる。


より大きな地図で 中目黒から代官山駅まで徒歩 を表示

  • JR線・営団地下鉄日比谷線
    • 恵比寿駅からですと、登り坂になります。徒歩15~20分ぐらいです。
    • 分かりやすいように、少し遠回りですが、駒沢通りで向かいます。
      • 恵比寿駅前の駒沢通りを目黒方面へ進みます。(恵比寿駅を背にして、駒沢通りを左に進む)
      • 途中から登り坂になります。
      • 600メートルぐらい進むと、大きな右T字交差点『鎗ヶ崎交差点』にでる。
      • 右手からの広い道『旧山手通り』にそって進みます
      • 50メートルぐらい先の『代官山駅交番前交差点』を右に曲がります。
      • 八幡通りを30メートル位(代官山スタジオ)で細い通りを右に曲がる。
      • 60メートルぐらい進むと左正面に代官山駅がみえる。


より大きな地図で 恵比寿駅から代官山駅までの徒歩 を表示

 

代官山散策情報  その3 代官山駅・東横線線路沿い・恵比寿西

  • 『代官山駅・東横線線路沿い・恵比寿西』コース
  1.  
    • 代官山駅入口交差点から下ってキャッスルストリート~恵比寿西
      • 恵比寿魂(少し古い情報ですがこの界隈の紹介がされています)
      • ACCENT STYLE(抱枕 クラフトホリックのお店)
  1.  
    •  
      • Cat-Click代官山(猫モチーフのアイテムのみをセレクト)
      • DELIZIEFOLLIE(フランス生まれのジェラートのお店)
      • Celeb de TOMATO(厳選トマトの料理をつくるレストラン)
      • MR FRIENDRY(食べるのが可哀想になるMR FIENDRYのミニホットケーキ)
  •  
    • 駅前
  1.  
    •  
      • LEONIDASS(ベルギーチョコレートのお店)
      • UNCLE(ランチタイムが17時までのレストラン B1)
  1.  
【下見情報】
  •  
    • 代官山駅入口交差点から代官山アドレスとラヴェリアの間を下って、線路沿いにキャッスルストリートへ。または途中から踏切をわたって恵比寿西へ抜けるコース
    • 代官山駅入口交差点から、下りの道なので、戻る場合は、かなり登り坂。
    • 代官山駅の正面口、東口を抜けて恵比寿駅に向かうコースも途中から下りになる。
    • ショップやお店は点在しているので、一度に回るのはちょっと難しい感じです。
    • 代官山の八幡通りエリアを散策した後、恵比寿駅まで歩いて帰るルートで楽しむのが良いかも知れません。他にもたくさんお店はあります。

代官山散策情報  その2 八幡通り沿い

【下見情報】
  •  
    • 八幡通りは、昔の鎌倉街道とも言われています。八幡通りは代官山交番前交差点から、山手線の手前猿楽橋までのようで、ここ迄、お店が点在しています。
    • このエリアは、ショップ・レストランの『ショッピングモール』施設と個々のショップが競い合っている感じです。
    • 通りの表の店を端からウィンドウショッピングしてみるか、エリアやショッピングモールをある程度、特定して観て回るかが良いと思います。両方楽しむ方は、旧朝倉家住宅をパスして、3時間掛けて回りましょう。

次回は、『東急線線路~代官山駅エリア・恵比寿西』のご紹介です。

2011年11月8日火曜日

代官山散策情報  その1 旧山手通り沿い

簡単な散策コースと情報です。

代官山界隈は大まかに分けて『旧山手通り沿い』『八幡通り沿い』『東急線と代官山沿い』『恵比寿西』とわかれる感じです。

  • 『旧山手通り』散策コース
  1.  
    1. 旧朝倉家住宅
    2. 代官山ヒルサイドテラス
    3. 猿楽塚
    4. 大使館(デンマークエジプトマレーシアなど)
    5. 西郷山公園

これらが主なスポットです。約1時間半ぐらいでしょうか?

【下見情報】

  • 大地の尾根を通る旧山手通り沿いなので、起伏がなく歩くのは楽です。ただ、少し距離があるのと、お買物スポットは限られます。
  • ヒルサイドテラスÇ棟内に「Christmas Company」という一年中クリスマスの楽しく御目出度いお店がありました。これからのシーズンにぴったりですね。
  • 猿楽塚はとっても小さな古墳です。古にはもう一回り小振りな『小塚』もあったそうです。この猿楽塚の脇を鎌倉街道が通っていたそうですが面影はありません。
  • 西郷山公園は、西郷隆盛の弟さんの土地だった場所が公園となったもの。静かな安らぎの公園で、カップルさんには持ってこいです。入口にカフェがあり、ゆったりと寛げます。また、「皇太子ご夫妻お手植えの樹」がありました。
  • 西郷山公園手前の『西郷橋』から望む、渋谷方面の景色がとても綺麗でした。
  • 11月13日まで代官山ヒルサイドテラスF棟(ヒルサイドテラスDの旧山手通りを挟んだ向い)で『ワイルドスワンズ展』=デンマーク大使館主催の展覧会が開催されています。無料です。
  • デンマーク大使館の脇に『michelangelo』という、お洒落なレストランがあります。
  • 旧朝倉家住宅前に暗闇地蔵尊目黒元富士跡があります。

 

皇太子ご夫妻お手植えの樹

Saigouyamakouenn

西郷橋からの眺め

Saigoubasi

 

 

2011年11月4日金曜日

11月13日 『代官山界隈と旧朝倉家住宅』 下見 現地レポート その1

今日は、次回、ぶらっと着物で訪れる『代官山界隈と旧朝倉家住宅』の下見に現地へ行ってきました。
その1として『旧朝倉家住宅』のレポートです。
見学するために、代官山駅から旧山手通りへと向かい、代官山交番前という交差点を渡ります。
この交差点は横断歩道がなく、代わりに歩道橋が設置されていました。
歩道橋を渡っていると、代官山交番前交差点の右前方角にある『代官山ヒルサイドテラスA棟』の裏手に『旧朝倉家住宅』への入口が見えてきました。ちょっとわかり難いです。
Daikan-yama-01
入口はこんな感じ、入ってすぐ左手に案内所があるので観覧券を買います。¥100でした。
Daikan-yama-02
観覧券を購入すると、一緒にリーフレット(観覧案内)がもらえます。記念に持ち帰りましょう。
Daikan-yama-05
案内所の脇に車庫があり、更にその脇にトイレがありました。衛生的で綺麗に保たれていて、女性の方も安心して利用できると思いました。
Daikan-yama-04
住宅前広場には、休憩用の椅子も設置されていました。
Daikan-yama-06
敷地内は、思ったよりも雑音は少なく鳥のさえずりが聞こえました。都心とは思えない趣です。
いよいよ、正面玄関より住宅内へ入ります。
Daikan-yama-03
住宅内は、部屋数も多く、一つ一つ覗いて回るのも楽しかったですね。調度や細工が異なり、しっかりした部材を使っているのがわかります。
詳細は・・・ぜひ、ぶらっと着物で確認して下さいね。
でも、少しだけお披露目しておきます。
【欄間の細工】
Daikan-yama-07
【坪庭】
Daikan-yama-08
【角の杉の間の屋根細工】
Daikan-yama-10
【庭園の石灯籠】
Daikan-yama-12
【和室の土壁と竹格子】
Daikan-yama-09
【庭園隅より望む土蔵と主屋】
Daikan-yama-11
いかがですか?
主屋と庭園をゆっくり楽しんでも1時間はかかりません。
フラッシュ撮影でなければ、敷地内は撮影可能とのことです。
お好みのスポットで、是非、記念写真を残して下さいね。
次の現地リポート その2は、代官山界隈の散策情報です。
お楽しみに!!

2011年10月25日火曜日

次回のぶらっと着物は11月13日 延期企画の復活『代官山界隈と旧朝倉家住宅見学』

次回のぶらっと着物は、外歩きに良い季節の11月中旬の11月13日(日)となりました。

(私の予定で勝手に決めています…)

冬前の寒すぎない季節のため、久しぶりに街歩き企画にしたいと思います。

以前、企画してボツになっていました『代官山界隈と旧朝倉家住宅』の復活です。

紹介文では『旧朝倉家住宅は、東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した朝倉虎治郎氏によって、 大正8年に建てられました。大正ロマンの趣のある2階建ての建物内と回遊式庭園を見学することができます。』となっています。

また、庭園は秋葉紅葉がきれいだそうです。代官山駅からもそう遠くない距離です。

初めに代官山駅で集合し、希望者で旧朝倉家住宅を見学、そのご自由行動で、最後にまた集合し解散。

詳細は、またお知らせしますが、大体の予定は・・・。

【開催日】11月13日(日曜日)。

【集合場所】代官山駅前の予定。

【集合時間】12時45分から13時00分。

【解散時間】16時00分頃の予定。

注意:雨天は、恵比寿駅集合で、恵比寿ガーデンプレイス・東京都写真美術館(濡れずに行ける)などを予定しています。

 

 

2011年10月21日金曜日

ぶらっと着物 参加される方へのご注意《再確認》

ぶらっと着物のようなイベントは、不特定多数の人が参加するイベントです。
ぶらっと着物では、初対面の方同士が気持よく交流することを第一にしています。
今後、また街歩きのイベントも予定していますので、皆さんも、是非、参加して下さいね。
そんなイベントも、参加される皆さん、お一人、おひとりのちょっとした心づかいで、楽しくも不愉快にもなってしまいます。
そこで以前にも掲載をし、街散策の折にも文章にて配布しておりますが、ぶらっと着物に参加される皆さんへのご注意の再確認です。
  1. 散策する地域に迷惑をかけない。
  2. 他の人への不快な行為や発言は控える。
  3. 撮影およびWebでの画像公開は、被写体の方に事前承認を得る。
  4. 個人情報の開示は各自の判断と責任で行う。
  5. イベント中の事故・事件・盗難は、速やかに交番(警察)・救急へ連絡する。
  6. 広告活動、団体・政党等の勧誘行為を行わない(禁止しています)。
以上です。
  • 特に個人情報(本名・メールアドレス・携帯番号・電話番号・住所など)の提供には十分注意してください。
  • 名刺の交換は自由ですが、提供の強要などは為さらないようにお願いします。
  • マルチまがい商法の勧誘、宗教団体の布教、政党結社への勧誘などは決して行わないでください。また、日を改めての『目的の不明確な誘い』などにも安易に同行しないようご注意ください。
  • 何らかの勧誘行為にあった場合は、ハッキリと拒否の姿勢を示し、配布物等は受け取らないようにしましょう。
  • また、何らかの被害に合われた場合は『公的な相談窓口』へ連絡をしてください。
  • ぶらっと着物運営者=飯塚喜隆から、皆さんの個人情報を伺うことはありません。
少々堅苦しい内容ですが、ルールを守った交流を心がけましょう。


2011年10月17日月曜日

次回は11月12日か13日頃の予定

本日のプチ・ぶらっと着物は無事終了しました。

参加してくださった皆さん、慣れない鑑賞で「とっても疲れた」のではないでしょうか?

和の芸能のお稽古事の現状が皆さんにも伝わったのではないかなと思います。

 

早速ですが、次回のぶらっと着物は

11月の第二週12日(土)か13日(日)の辺りの予定です。

街散策か、何処か特定のものを見学するかは、只今検討中です。

決まり次第、告知しますのでよろしく!

2011年10月15日土曜日

明日のぶらっと着物は予定通りです。

明日のプチ・ぶらっと着物 薩摩琵琶演奏 鑑賞の集いは予定通りに開催します。

【集合場所】JR 中央線の三鷹駅改札前。改札口は一箇所だけなのですぐにわかります。

Root_1-1

【集合時間】 14時45分頃から15時00分頃

演奏会は14時30分からですが、15時過ぎごろから琵琶演奏が始まります。

メインは15時30分ぐらいからですが、少し前からお弟子さんの演奏も聴いてみましょう。

会場は駅から2分ほどです。

演奏の撮影などは許可がいるかも知れませんので、私が当日問合せておきます。

終了後には、皆さんとどこかでちょっと歓談できるといいですね。

それから、連絡には

私の携帯 kimono-kinutaya@ezweb.ne.jp まで、メールをして下さいね。

では、明日お会いしましょう。

 

2011年10月14日金曜日

琵琶楽についての簡単なお話し。

16日の薩摩琵琶演奏の鑑賞に向けて、簡単な琵琶楽入門。
自分も琵琶は聞きかじりなので、分かることだけ。
正倉院の御物にも見られる楽器の琵琶。
ですから伝来はとっても古いです。
それで昔の天皇さんなどは、嗜みとして弾いていたようですから高貴な楽器だったわけですね。

『今に伝わる各派』
  • 【楽琵琶(がくびわ)】 本当に食べるビワみたいな形です。雅楽の演奏で使用される琵琶で、とっても大陸的な大らかな音を奏でます。この雅楽の琵琶は今も古も原則的に寸分たがわない形状だそうですから、1200年ぐらい(?)変化していないわけですね。
  • 【平家琵琶】 平家を語りに利用した琵琶です。楽琵琶よりも小振りなサイズです。平家琵琶で語られる平家ものを平曲と呼んでいるようです。盲僧琵琶も重なる部分があるようです。平家の話は、薩摩琵琶・筑前琵琶でも語りますが、その場合は「平曲」とは言わないようですが、詳しくわかりません(間違っているかも知れません)
  • 【盲僧琵琶】 盲僧が奏でた琵琶ですが詳細は知りません。
  • 【薩摩琵琶】 諸説があるようですが、元は薩摩藩の武士の精神鍛錬のため、屋内で個人的な嗜みとして演奏されていたようですが、明治維新後、薩摩藩士が多数、東京に来たことで、その演奏も広く知れ渡ったようです。この明治期、永田錦心(ながたきんしん)という日本画家の方がこの薩摩琵琶を習い始め『錦心流』という一派をなして、その派が現在、錦心流という名で薩摩琵琶の多数を占めます。また、薩摩琵琶には、更に各派があります。
  •  
    • 〔正派〕薩摩琵琶に錦心流ができた頃、それまでの演奏形式(非常に男性的)を周到した派。
    • 〔錦心流〕上記の流派。
    • 〔錦〕永田錦心氏が弟子の水藤錦穣女史に女性向きの薩摩琵琶として一派をなさせた流派。
    • 〔鶴田流〕鶴田錦史女子がなした一派で、現代音楽との演奏・合奏も得意としています。
  • 【筑前琵琶】 明治期に橘智定(たちばなちじょう)が薩摩琵琶を研究・改良してなした流派。旭会と橘会があります。

『絃(げん)と柱(はしら)』
琵琶は弦楽器なので、げん(=琵琶では絃の字をあてます)が当然必須です。
四絃(しげん=4本)と五絃(ごげん=5本)があります。
柱は絃を押さえる時、弦の下にある台形の突起(表現がわかりません???)です。
四柱(しちゅう=四本柱)と五柱(ごちゅう=五本柱)があります。
主に薩摩琵琶は四絃四柱が正派と錦心流、五弦五柱が錦と鶴田流です。
筑前琵琶もほぼ同じようです。
絃・柱ともに多いほうが、決まった音が出やすいようです。四絃四柱は指による弦の張り加減で音を表現するようで、微妙な音の表現を得意とするようです。

『琵琶の曲』
琵琶は語りが主でその表現の幅を拡げるものとして演奏があるようです。
多くの曲は【滅び】や【死】を題材としたものが多く、ウェットな世界観を表現しています。
主な曲の題材は・・・
  • 平安時代頃・・・羅生門(らしょうもん)、茨木(わたなべのつな)・・・渡辺綱(わたなべのつな)の鬼退治物
  • 平安末期~鎌倉時代頃・・・平曲が多い。舟弁慶(ふなべんけい)、敦盛(あつもり)、経正(つねまさ)、景清(かげきよ)、屋島の誉(やしまのほまれ)など。他に石堂丸(いしどうまる)、俊寛(しゅんかん)など。
  • 南北朝時代・・・大楠公(だいなんこう)
  • 戦国時代・・・川中島、本能寺、湖水乗切(こすいのっきり)、小栗栖(おぐるす)など。
  • 日蓮聖人もの・・・龍の口(たつのくち)、伊豆の御難(いずのごなん)
  • 赤穂浪士もの・・・雪晴れ、村上喜剣(むらかみきけん)、別れの杯(わかれのさかずき)、神崎与五郎東下り(かんざきよごろうあずまくだり)、山科の別れ(やましなのわかれ)など。
  • 幕末・維新もの・・・城山(しろやま)、白虎隊、井伊大老など。
だいたいこんな感じでしょうか。

琵琶の演目は、能・歌舞伎などから、多くの題材を得ています。
多くは近代明治以降の富国強兵の影響により、勇ましさや忠義心を鼓舞する題材を好んで曲目としたため、それが現在もレパートリーの多くを占めているようです。
しかしながら面白いのは、私の知り合いの先生より、江戸時代の演目の題材に何が多かったかを研究された結果というのを伺ったことがあります。
もっとも多かった題材は・・・・『恋』だったそうです。
現代の我々と大して変わらず、江戸の人は琵琶でロックやフォークを楽しんでいたのかも知れませんよ。
そんな気軽さで、ぜひ、現代の琵琶演奏を鑑賞してみてくださいね!



16日 琵琶演奏鑑賞の受付は当日までどうぞ。

今回の『プチ・ぶらっと着物 琵琶演奏 鑑賞』の受付けは

告知も遅かったので、まだまだ余裕があり過ぎで~~す。

そのため、当日のまで受付します。

受付方法は

  1. ひとつ前のブログページ(Googleバージョンのページへリンクしています)の受付フォームから送信。
  2. 直接、私(=ぶらっと着物運営者の飯塚喜隆)の携帯へメール kimono-kinutaya@ezweb.ne.jp
  3. 当日14時30分~50分の間に、JR 三鷹駅の改札前に集合する。

以上の方法にしますので、ご参加くださいね。

 

 

2011年10月5日水曜日

10月16日 薩摩琵琶 演奏鑑賞会参加募集フォーム

10月16日(日)のぶらっと着物 薩摩琵琶 演奏鑑賞会の募集は下記のフォームにて行います。

『おさらい会』への割り込み的な鑑賞のため、座席数に制限がありまして、募集は

  1. 10月14日(金)まで
  2. 先着応募10名まで

のどちらかで、締め切りです。

万一、定員オーバー(10名まで)の場合は、ご参加いただけない場合がありますので、ご了承ください。

鑑賞にあたっては、主催者側からの注意・指示(または私飯塚からの注意・指示)に従ってください。

鑑賞の費用につきましては、無料です。

10月16日 薩摩琵琶 演奏鑑賞会について

先日もお知らせしましたが、今回のぶらっと着物は、プチ企画で、街中の散策でななく薩摩琵琶の演奏を鑑賞します。

【日時】10月16日(日)

【集合時間】15時00分

【集合場所】JR 三鷹駅改札口前

【参加】どなたでも参加できますが、会場の客席数の制限(消防法だそうです)があるそうで席の割り当ては数名から10人ほどのため、10名までの先着募集とします。

【募集方法】後ほど、参加募集のフォームを掲載しますので、そちらより応募ください。

 

演奏会は親しくさせて戴いています薩摩琵琶を演奏する先生の『おさらい会』です。

先生以外にも、お弟子さんの演奏、それ以外に詩吟もあります。和の芸能の演奏会というのは、その会やお稽古場に属していないと、中々、観る機会もありませんね。

こちらの先生は、『琵琶演奏・詩吟というものを、若い世代の人にも知ってもらいたい』という意思をお持ちです。お弟子さんにも20代・30代の女性がいらっしゃいます。

今回は、特別に『ぶらっと着物』での鑑賞の許可をいただいての参加となっています。当日、参加される方は、主催者側からの注意・指示に従ってください。また、撮影・録音は原則、禁止となっていますので、予めご承知ください。

演奏される先生は、当日まで「ひ・み・つ」ですが、薩摩琵琶の演奏ではトップクラスの方です。

先生方の演目は

  1. 芳一(耳なし芳一のオリジナルバージョン)
  2. 船弁慶
  •  
    • 平家一門を壇ノ浦に滅ぼした義経が、兄=頼朝の不信を買うことになり、京を逃れ、舟で大物の浦から九州へと向かう途上、義経一行を平知盛(たいらのとももり)をはじめとした平家の亡霊に襲われる場面を話しにしたもの。大嵐の中で平家の亡霊を弁慶が沈める大活躍が描かれています。
    • 多くは能・歌舞伎・落語などで演じられているようです。
    • こちらに、能での船弁慶の説明サイト

後は、お弟子さんの演奏、詩吟、一部に舞踊の方も参加されているようです。

正味1時間から、1時間30分ぐらいだと思います。

ぜひ、この機会に着物で和の伝統芸、薩摩琵琶を鑑賞してみてくださいね。

 

 

 

2011年10月4日火曜日

プチぶらっと着物のお知らせです。

皆さん、ご無沙汰しています。

すっかり、間があきましたが、ぶらっと着物の秋の企画のお知らせです。

今回は『プチ・ぶらっと着物 和の芸能、薩摩琵琶鑑賞』です。

古くは正倉院の御物にもある琵琶、食べる枇杷、琵琶湖ではありませんよ。楽器の琵琶です。

かの鴨長明さんも琵琶を弾くのが好きで、「勝手に人前で弾いちゃ駄目だからね」と偉い人に言われていた曲を神社でライブ演奏でお披露目しちゃって、神社の仕事クビになったそうです(また聞きだから、不正確だだけど)。

古には、そんな感じで結構盛り上がった琵琶演奏ですが、最近では中々、お目にかかることが少なくなりましたね。

そんな琵琶演奏(正確には琵琶語りかな)を、着物を着て鑑賞してみましょうという企画です。

今回は、私が親しくさせていただいている琵琶奏者の先生が個人的なおさらい会を開催されますので、その演奏会にお邪魔します。

おさらい会の途中からの鑑賞で、正味、1時間ちょっとだと思います。

 

【日時】10月16日

【集合時間】15時00分

【集合場所】JR三鷹駅改札前

 

詳細はおってお知らせします。

2011年6月12日日曜日

本日のぶらっと着物、無事終了しました。

本日は雨も降らず過ごすことができました。

全国伝統的工芸品センターの見学、無事終了です。

参加してくださった方有難うございました。

やはり、伝統工芸品は実際の手の動きなどを見ると、疑問点が眼からウロコでわかりますね。

 

明日以降も、講演や実演が予定されていますので、都合のよい方は足を運ばれてはいかがでしょう。

13日(月)・14日(火) 掛川葛布

15日(水)・16日(木) 手紡木綿布

17日(金)・18日(土) 羽越しな布(山形)

19日(日)・20日(月) 大井川葛布

21日(火)・22日(水) 羽越しな布(新潟)

以上の予定となっているようです。

 

 

本日のぶらっと着物は、予定通り実施します。

おはようございます。
本日のミニぶらっと着物『全国伝統的工芸品センター』見学は、予定通りに実施いたします。

より大きな地図で 全国伝統的工芸品センター を表示
13時にセンター前集合ですよ。
お天気も良い方へ予報が変更となりまして、雨は降らないようですね。一安心。

ここでちょっと『ぶらっと着物』のおさらい。
  • 洋装でも和装でも参加できます。
  • どなたでも参加できます。
  • 途中参加、途中退出も自由です。
  • 着物に興味のあるけど着たことがない方も大歓迎。

何か ご連絡・問い合わせがある場合は、管理者=私=飯塚喜隆までどうぞ。
e-mail kimono-kinutaya@ezweb.ne.jp


それでは、皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

2011年6月9日木曜日

全国伝統的工芸品センターへのアクセス 有楽町線・JR・西武池袋線

  • 営団有楽町線

営団有楽町線は、『南通路西改札口』になります。

Yuurakutyou001

改札の右手改札口を出ると、正面にプリズムガーデン地下1階広場が見え、その中央にあるエスカレーターで地上階に上がる。

(以後、営団丸の内線のアクセス案内を御覧ください。)

 

  • JR線

地下の改札口『南口』を出るのが一番近いです。

Jr001

改札をでたら、右斜め前方に進むとプリズムガーデン地下1階広場へ着きますので、エスカレーターで地上階へ上がってください。

Jr002

(以後、営団地下鉄丸の内線のアクセス案内を御覧ください。)

 

  • 西武池袋線

改札は地下1階改札口です。

改札を出たら真っ直ぐ進む。

Seibu001

数十メートル進むと、突き当たるので、広い通路を左折する。しばらく歩くと、左手にプリズムガーデン地下1階広場が見えてくる。

(以後、営団地下鉄丸の内線のアクセス案内を御覧ください。)

 

東武東上線・副都心線はチェック漏れました。

しかしながら、こちらの地図が参考になりそうです。

 

全国伝統的工芸品センターへのアクセス 丸の内線

地図(クリックすると大きな地図になります)


より大きな地図で 全国伝統的工芸品センター丸の内線 を表示

 

  • 順路

丸の内線の到着時、進行方向のホーム前方の階段を登り改札を左手から出る、正面に東武東上線のりばが見えます。

 

Marunouchi001

東武東上線のりばの右手に地下通路図があるので確認、右手に進む。

Marunouchi002
50~60メートル進むと、『全国伝統的工芸品センター』案内板が前方天井に見えるので、広い通路を左折する。

Marunouchi003
通路を進むと(100メートルぐらい)正面に営団地下鉄有楽町線の切符売り場がみえるので、そこを左手に迂回するように正面裏手に回る。

Marunouchi004

回りこむと、前方に広場【プリズムガーデン地下1階広場】が見える。中央にエスカレーターがあるので、地上階へ上がる。

Marunouchi005

エレベーターで地上階に着いたら左手に進む。すぐにLUMINEがみえるので、その左手の広い通路(東武百貨店とLUMINEの間)を奥へ進む。

Marunouchi006
進むと東武百貨店のウィンドウが途切れたところに(通路左側面)に伝統工芸品が飾られたウィンドウが見えてくる。
Marunouchi007

全国伝統的工芸品センターのウィンドウを左に見て進むとすぐに入口。

Marunouchi008

ここが待ち合わせ場所です。

Marunouchi009

 

 

 

 

 

 

 

 

6月12日(日) ぶらっと着物の告知情報

第9回 ぶらっと着物(ミニ企画)

【実施日】 6月12日 (日曜日)

【見学先】 全国伝統的工芸品センター(池袋)

【集合場所】 全国伝統的工芸品センター入口前

Dentou-001

【集合時間】 13時頃

 

今回は梅雨時期なので、濡れずに見学できる施設にしました。

各路線の池袋駅からは、地下通路でたどり着けます。

メトロポリタンプラザの地下からエスカレーターで上り、1階の東武百貨店とルミネの間の通路を進んで、東武百貨店の裏手、左です。

1時間半ほど各自自由に見学していただき、中締めで14時30分に一応、一階の入口中のロビーで集まり、以後、自由解散とします。

全国伝統的工芸品センターの追加情報

本日、12日(日)予定のぶらっと着物(ミニ企画)の見学先『全国伝統的工芸品センター』の下見に行ってきました。
12日当日の詳細情報がわかりましたので掲載します。

  • 1階 匠コーナー
    • 江戸切子展があります。職人さんの製作実演が11時~17時頃の間で断続的にあるようです。

  • 2階 特別展
    • 夏の伝統工芸品展 Vol.1。うちわ(房州・丸亀・雪村)、京団扇・扇子、名古屋扇子、江戸からかみ、越前和紙、阿波和紙うちわなどの展示。
    • 阿波正藍しじら織展(徳島県)
    • 第15回 日本の自然布展 羽越しな布、葛布、丹後藤布、喜如嘉の芭蕉布、宮古上布、手紡木綿布、麻などの展示と職人による実演。当日(12)実演のタイムテーブルは11時~17時頃の間、断続的に、宮古上布、丹後藤布の製作実演です。

  • 1階 展示スペースにある染織品(通常展示品)
    • 本場大島紬・西陣織・読谷山花織・信州紬・牛首紬・小千谷紬・小千谷縮・近江上布・京友禅・博多織・久米島紬・久留米絣・結城紬・伊勢崎絣・京鹿の子絞り・有松鳴海絞り・多摩織・東京手描友禅・村山大島・東京染小紋でした。
  • それから、自然布展では、次のような日に実演の予定があります。興味のある方は、ぶらっと着物をキャンセルしてお出掛ください。
    • 11日(金) 喜如嘉の芭蕉布
    • 13日(月)・14日(火) 掛川葛布
    • 15日(水)・16日(木) 手紡木綿布
    • 17日(金)・18日(土) 羽越しな布(山形)
    • 19日(日)・20(月) 大井川葛布
    • 21日(火)22日(水) 羽越しな布(新潟)

  • 全国伝統的工芸品センターの案内
    • 電話 03‐5954-6066
    • 営業時間 11時~19時
    • 住所 東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル 東武百貨店11番地 1・2F
    • アクセスは、サイトのこちらに掲載されています。

2011年6月1日水曜日

急遽決定!次回のぶらっと着物・・・梅雨なので「ミニ企画」で伝統工芸センタ―見学。

梅雨に入りましたので『雨に濡れないで楽しめる企画』をと考えてまして迷っていたのですが・・・開催することにしました。

 

今回は池袋にある『全国伝統的工芸品センター』にしました。

【日時】 6月12日 (日曜日) 13時過ぎ 現地集合

今回は下記の企画展が開催されていますので、1時間ほど見学しましょう。

涼し気な企画で、職人さんの実演も楽しめるようです。

  • 6/10(金)~6/22(水) 阿波正藍しじら織展(徳島県)
  • 6/10(金)~6/15(水) 飛躍する東京の伝統工芸 江戸切子展
  • 6/10(金)~6/22(水) 第15回 日本の自然布展

 

全国伝統的工芸品センターは池袋駅前の地下街から雨に濡れることなく見学ができます。

染織品に限らず色々な工芸品があるので楽しいですし、その場で購入もできます。

今回は「ミニ企画」なので、一時間半ほどで現地解散しようかと思っています。

詳細は後日掲載します。

2011年5月23日月曜日

一枚の着物から 4回目 無事終了しました。

昨日は、雨模様の天気でしたが、参加してくださった皆さん有難うございました。
今回は、誰ヶ袖模様を着物の残布を利用して皆さんに作成してもらいました。
木目込みの要領で袖や身頃を着物の小布で埋めていきます。
残布の種類に少し制約がありましたが、皆さん個性的な作品に仕上がりました。



その後、季節の単衣もの、夏物の反物、長襦袢地、着物残布などを皆さんで触れて楽しみました。
ルーペを持参された方もおり、じっくりと組織や糸作りも拡大して御覧いただきました。
和気あいあいの内に終了です。
またのお越しを・・・。

2011年5月21日土曜日

明日の『一枚の着物から』のお遊びは…ミニ小袖屏風造りをしますよ~。

明日の『一枚の着物から 4回目』のお遊びは

『小袖屏風』の作成に挑戦してもらいます。

小袖屏風というのは、桃山時代から江戸初期にかけて作成された『誰ヶ袖屏風』にその源があります。

畳んだ着物、帯などを衝立や衣桁に掛けて、ちょっとした間仕切りの代わりとしたり、幔幕のように袖から袖へ紐を通し木々などに結びつけ野外での空間を演出したり・・・絵画や装飾のように愛でることが出来る『小袖(着物)』を主題に描かれた屏風です。

その後、時代が下り昭和初期、染織品コレクター野村政治郎氏によって、江戸時代の小袖裂の劣化散逸を防ぐために作成された『小袖屏風』へとその様式が受け継がれました。

小袖(着物)を主題として構成された図柄が『誰ヶ袖=たがそで』模様と呼ばれています。小袖の柄として小袖を描くという、日本独特の美意識が反映された意匠です。

私が以前製作したものはこんな感じです。

Dscn0004
今回は限られた時間内での制作になりますので、ミニサイズで皆さんに作成していただきます。

生地は私が持参する布地から好きな裂を選び、野村政治郎氏さながらにご自分の個性で色や柄合わせを楽しんでください。

道具材料はこちらで用意いたしますので安心してくださいね。

簡単にできるように準備をしておきます。

『作ってみたいという方』はこれからでも結構ですから、参加申し込みしてくださいね。(二つ下の記事に参加申し込みフォームがありますよ。)

2011年5月19日木曜日

『一枚の着物から4回目』の参加受付を21日(土)まで延長しました。

今回の告知がちょっと遅かったので、参加受付を5月21日(土)まで延長しました。

一つ前の『受付フォーム』から、参加希望を送信してください。

また、twitterからの場合、ダイレクトメーッセージでも受け付けています。

 

 

2011年5月1日日曜日

本日のぶらっと着物と、今後の予定

本日の『ぶらっと着物』、再開第一弾でしたが、荒れ模様の天気にも拘らす、ご参加いただき有難うございました。
毎回、「てんでんこ」の内容ですが、今後は、もう少し告知にも力を入れますので、次回のご参加もお待ちしています。


今後の予定
5月22日(日) 13時過ぎから16時頃まで
人形町区民館5号和室
「一枚の着物から、第4回目」
今回も、着物の小布、紋帳、色見本、尺差しなど毎回持参じているものを揃えます。
また、季節のものとして、単衣向き・盛夏向きの長襦袢地や着尺なども多少持参しようかなぁ・・・と。
自由に手に取って、素材感や風合い、顔映りなどを楽しんでください。
もちろん商売でな無いので販売等はございません(区民館での物品販売は禁止されています)。


本日の『ぶらっと着物』は13時、『福島県八重洲観光交流館』前あたりに集合です。

今朝の天気予報では9時~11時過ぎまでが弱い雨
12時~夕方までは、雨があがるようです。
(念のため、雨具は各自持参で)
そのため、当初、予定通りとします。
下記のように決定です。


本日のぶらっと着物
  • 集合時間 13時
  • 集合場所 『福島県八重洲観光交流館』の前あたり。八重洲ブックセンターの銀座より並びです。
  • もし、一時的に雨でしたらブックセンター1階入口で退避していてください。
  • 初めに皆さんで『福島県八重洲観光交流館』を見学
  • 八重洲~有楽町~銀座~東銀座を自由行動で散策
  • 15時30分 『いわて銀河プラザ』前(雨でしたら関内)に集合
  • 15時30分過ぎ解散。
以上です。
何か連絡がありましたら、下記の私=飯塚まで。
よろしくお願いします。
それでは集合場所でお会いしましょう!

2011年4月30日土曜日

明日1日(日)は、びみょーな天気です。

明日は、ウェザーニュースの1時間後との予報で見ますと、午前10時から13時の間が、降水量1ミリとなっています。
ウェザーニュースはこちら
今のところ可能性としては
  • 待ち合わせは『東京駅一階八重洲中央改札口脇ビュープラザ前』
  • 降水量はとても少ないようですから、八重洲地下街を抜けて八重洲ブックセンター地下へ
  • 八重洲ブックセンター一階から、すぐ並び(ビルを一つ挟みます)の『福島県八重洲観光交流館』へ行ってみたいと思います。
  • その時点で雨が止んでいれば、予定どおりに15時30分に『岩手銀河プラザ』で解散したいと思います。
とりあえずこんな感じです。
最終的には、明日午前8時ごろの予報で判断して、当サイトで告知します。
明日、朝の確認をお忘れなく、皆さん、よろしくお願いします。

2011年4月25日月曜日

5月1日(日) ぶらっと着物『八重洲・有楽町・銀座界隈の情報』

日本一有名な商店街「銀座」ですから、今さら情報もないのですが、多少アップしておきます。

『八重洲界隈』

  • 大丸東京店 連休中は「きものまつり」を開催しているようです。
  • ブリヂストン美術館 『アンフォルメルとは何か?—20世紀フランス絵画の挑戦』という企画が始まります。
  • 東京国立近代美術館フィルムセンター 常設展「日本映画の歴史(ノン・フィルム・コレクション)」¥200です。八重洲南口から10分。
  • 八重洲地下街 普段はあまり出かけない東京駅界隈ですが、八重洲にある地下街(日本2番目の広さらしい)、他の地下街と違うのは「東京土産」を売っていること。
  • 警察博物館 八重洲富士屋ホテル並びにある「ピーポくんが目印だが、当日はパトカー試乗や音楽隊演奏もあり、お子さん連れだと、とっても盛り上がりそうです。

『有楽町界隈』

  • 東京交通会館 パスポート申請で有名ですが、ちょっと不思議な店や、各県の物産館(13県ほど)があります。3階屋上は庭園になっていて、目の前を新幹線が行き来します。
  • プランタン・銀座 ゴールデンウィークのイベントもあるようです。
  • 出光美術館 有楽町ビックカメラの先、帝国劇場のビル(帝劇ビル)9階にあります。コレクションから厳選した80点で、日本・東洋の焼きもの絵画の「花鳥の美」という企画が催されています。¥1000です。
  • 有楽町イトシアプラザ マルイやレストラン、映画館の複合ビル。

『銀座界隈』

  • 銀座周辺地図案内ガイド 銀座の情報サイトです。 便利なPDFの地図地図の著作権は㈱シティウェブさんが所有しております)も提供されています。チェックしてみてください。
  • マロニエゲート 東急ハンズ・レストラン・ファッションテナントが入った銀座の新しいランドマーク。
  • スターバッス銀座松屋通り店 スターバックス日本第一号店、近くに銀座マロニエ通り店があります。
  • 銀座300BER 飲み物・食べ物、何でも¥315の立ち呑みバー。リーズナブルに銀座が楽しめます。
  • アンテークモール銀座 骨董品やリサイクル着物などのお店が200店あるそうです。
  • 松屋銀座 ゴールデンウィークのイベント情報です。
  • 銀座三越 ゴールデンウィークはお子さん向けのイベントがあるようです。

 

銀座界隈は歩いていても、色々なお店やイベントで楽しめますね。

簡単ですが、参考にしてみてください。

2011年4月20日水曜日

5月1日(日) 『ぶらっと着物』 被災県応援散策です。

今回のぶらっと着物は、東日本大震災で被災した岩手県、そして原発事故で大変な福島県の応援企画です。
  • 【集合】
    • 場所: 福島県八重洲観光交流館の前あたり(中央区八重洲2丁目6−21 三徳八重洲ビル 1F 03-3275-0855)八重洲ブックセンターの銀座側の並びにあります。ブックセンター前でもわかります。
    • 時間: 13時です。
Fukushima
  • 【解散】
Iwate


  • 集合しましたら、皆さんと『福島県八重洲観光交流館』を覗いてみましょう。それほど館内は広くはないですが、食品などの物産と浪江町・南相馬などのパンフレットがたくさん用意されていました。
  • 道中は、八重洲・有楽町・銀座界隈を自由に散策してください。途中で離脱されても結構です。
  • 解散は『いわて銀河プラザ』の前です。解散前・解散後、どちらでもご自由に見学してみてください。こちらは、かなり広く家具や、工芸品、食品と色々揃っていました。

より大きな地図で 5月1日 ぶらっと着物 を表示

2011年4月18日月曜日

ぶらっと着物、再開のお知らせ。

この度の東日本大震災、及び、福島第一原子力発電所の事故で被災された方々には、心より御見舞い申し上げます。
震災より、1ヶ月以上が経過しましたが、東京では震度3程度の余震が続き、また、大気中の放射性物質の測定も継続されています。
しかしながら、交通機関の間引き・電力不足なども、不安定ながらも落ち着いてきました。また、余震の規模も日常を取り戻せる範囲で推移しています。
自分も含めてですが、皆さんも『震災後』の日常生活が、それなりに掴めてきたのではないでしょうか。
社会的にも「そろそろ出来る事は再開していきましょう」という機運が芽生えてきましたね。
そこで『ぶらっと着物』『一枚の着物から』を再開することとしました。

次回、ぶらっと着物
日時:5月1日(日曜日)
集合時間:13時00分
集合場所:八重洲ブックセンター辺り(すぐ隣が福観光交流館です)
銀座界隈を自由にどうぞ。
解散時間:15時30分頃
解散場所:東銀座の『岩手銀河プラザ』

3月に 中止となりました『旧朝倉家住宅と代官山界隈』は延期し、福島県と岩手県を応援するコースを選んでみました。
(ちなみに、宮城県のアンテナショップは池袋にあります。近くの方は出かけてみたら、如何でしょう)
東銀座に『岩手銀河プラザ』、八重洲口に『福島県観光交流館』という物産販売・観光案内所が開設されているので、八重洲の『福島観光交流館』前集合で見学~自由行動~東銀座の『岩手銀河プラザ』見学して解散という感じでいかがでしょう。
大まかですが、八重洲から東銀座まで、徒歩1.6キロメートルほどで約19分です。
詳しくは、後日、告知します。
また、雨天の場合は、東京駅で待ち合わせし、丸の内、八重洲などの地下街とテナントビル内で濡れぬよう楽しみたいと思います。
よろしくお願いします。

2011年3月21日月曜日

本日の『ぶらっと着物』は、中止となっています。

本日3月21日に予定していました『ぶらっと着物・旧朝倉家住宅・代官山界隈』は

震災の影響を考慮して、中止(未定の延期)となっています。

予定をしてくださった皆さまには誠に申し訳有りません。

公共交通機関・計画停電などの状況が、もう少し安定してきましたら

再開したいと思っています。

ご理解ご協力をお願いいたします。

 

2011年3月16日水曜日

お詫びとお知らせ

この度は「一枚の着物から」と「ぶらっと着物」の中止、及び延期の措置をいたしました。

参加のご連絡をいただいた皆さんには、大変御迷惑をお掛けしました。

連絡方法の不備で、サイトとTwitterでの告知となり申し訳ありませんでした。

今後の開催に際し、中止や延期・雨天などの場合に、どのように告知・連絡を徹底していくか検討して、サイト上にてお知らせします。

次回の開催予定は、今のところ4月から5月頃を予定しています。

 

不備の多いイベントですが、できるだけ整えていきたいと思います。

今後も、皆さまからのご意見・提案などお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。

 

砧や 飯塚喜隆

2011年3月13日日曜日

次回のぶらっと着物は延期します。

次回、3月21日に予定していました『代官山界隈と旧朝倉家住宅』の散策は、停電、及び余震の予報を考慮し、延期といたします。

状況を見て4月以降に開催したいと思います。

ご理解、ご協力をお願いいたします。

本日の一枚の着物は中止です。

本日の13時から、区立人形町区民館の和室で予定していた『一枚の着物から Vol.4』は、地震の影響を考慮して中止します。

余震等で交通機関の麻痺の発生などにより、充分な安全が確保できませんので、ご了承ください。

2011年3月12日土曜日

今回の「一枚の着物から Vol.4」は中止します。

3月13日の(明日の日曜日ですが)『一枚の着物から』は中止します。

東日本大震災の影響による交通機関の乱れ、及び、余震の断続発生などの事態を考慮し、

万が一、明日、緊急地震速報などが発令された場合の交通機関の混乱巻き込まれる恐れが大きいためです。

次回は、未定です。

 

また、3月21日の『ぶらっと着物』につきましては、今しばらく検討した上で、再度、告知します。

 

申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

3月13日の一枚の着物からは中止です。

先ほども訂正し告知をいたしましたが、明日、3月13日、日曜日の13時から人形町区民館て予定していた『一枚の着物から』は、地震の影響を考慮して中止いたします。日時の告知に訂正があり申し訳ありません。
急な決定ですが、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

日時訂正。3月13日の一枚の着物からは中止です。

先ほどの一連の中止の日時が間違えていました。
申し訳ありません。
正しくは
3月13日 日曜日
明日の一枚の着物からは、地震の影響を考慮して中止いたします。
よろしくお願いいたします。

2011年2月23日水曜日

お知らせ。次回「一枚の着物から」と「ぶらっと着物」の予定

しばらく、放置してしまいましたが、次回の開催日がきまりました。

『一枚の着物から Vol.5』

3月13日(日曜日) 13時過ぎから16時頃まで

中央区立人形町区民館 6階 5号和室

参加人数は和室の定員の20名まで。

費用は無料です。

販売などは一切ありません。

和装・洋装、自由です。また、どなたでも参加できます。

内容は検討中ですが

何時ものように布地や、紋帳、色見本などを雑多に持参

特集として、礼装からふだん着までの着物・帯を取り合わせて、その違いを楽しむようなことが出来ればと思っています。

 

『ぶらっと着物』

3月21日(月曜日) 春分の日

旧朝倉家住宅と代官山界隈をぶらっとします。

13時 代官山駅に集合

はじめに、皆さんと旧朝倉家住宅を見学してから、あとは自由に代官山あたりを散策しましょう。

費用は旧朝倉家住宅の観覧料のみです。なんと100円です。

 

旧朝倉家住宅は議 長 を 務 め た 朝 倉 虎 治 郎 に よ っ て 、 大 正 8 年 ( 1 9 1 9 ) に 建 て ら れ ま し た 。

もとは代官山界隈の地主さんで、山手通りは朝倉さんちの「私道」だったとのことです。

断崖の傾斜地に庭園もあり、住宅・庭園共に見学ができます。

渋谷区のサイトに情報あり 旧朝倉住宅

こちら様のサイトにも、詳しい情報がありました。

http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20090613/1244938265

 

今回は、二週にわたり、続きますが・・・(手前の予定で申し訳ありません)。

お好みで、ご参加くださいませ。

 

2011年1月30日日曜日

本日の一枚の着物からVol.3無事に終了しました。皆さん、ありがとうございました。

本日は、寒中にもかかわらず、一枚の着物からに参加いただき有難うございました。
今回は、まず、着物や帯、洋装和装にかかわらず『織物』の基本になる3原組織を実際に紙の機で織ってみて
その仕組を見てみましょうというお遊びをしました。



上の画像がその組織を織ったところです。
織るといっても、紙の縦のスリットに緯のテープ状の紙を編みこむような感じです。
上の画像は「繻子組織」の経枚繻子です(白い部分が経糸を、黄色い部分が表に出る緯糸を表しています)。
交点は、右上に二飛となるのでそれを書きこんであります。
他に、基本的な平組織(羽二重や、紬、など)と綾組織(分かりやすいものですとデニム、綾は強い組織なので帯地などに利用されています)を織ってもらいました。
「この組織を織ってみて何か役に立つのでしょうか??」と鋭いご質問をいただきました。
特に実生活には役に立たないのですが、着物をお召になった時、艶のある地紋を織った生地ならば、繻子組織の綸子や紋織などでしょう。
その場合、表面に出る糸(上の画像ですと経糸は緯糸四本を跨いで交差します)は、経糸、もしくは緯糸〔五枚繻子の場合、裏は緯糸が経糸四本を跨いで交差します〕のどちらかが表面を覆うように見えます。
繻子組織の生地は、平組織や綾組織の生地に比べて艶が出るのですが、擦れると糸の表面が毛羽立ちやすく、水などを垂らした場合、こすってしまうと糸が擦れて白くなるため、そっと水気を吸い取るような処置が適します。
此の様なことも、生地の組織や性質を知っておくと、とっさの場合に適切な対応ができる・・・こんなメリットでしょうか?

皆さん、3原組織と格闘し、ほっと一息、お茶で休憩。
その後、生地の話から、縮緬の縮みやすい話題となり、実際に縮緬の生地から、強撚糸の緯糸を取り出して、ゴムのように伸び縮みする様子を見てもらいました。
そして「縮緬の生地は濡れる、とっても縮んで、びっくりしますよね」というお話から、縮緬の生地に少し水をつける実験をしてみました。
しかし、最近の縮緬の染下生地は、縮みにくい糸使いや、ガード加工のものがあり(反物の出荷時にガード加工されているものもあります)、お召の織物(お召は先練り、縮緬は後練りの生地ですが、どちらも強撚糸を用いた織物です)で試したところ、見事??縮んでくれました。これにま皆さんとても興味をお持ちのようでした。
その後は、持参した着物の端布や帯地、見本用の反物や帯地を自由にご覧頂きました。
また、それぞれ個々の生地の性質や、絽の生地の絽目の違いや、引箔と、樹脂箔の見分け方等、色々な話題となりました。
1時過ぎから4時半までと、ゆったりした時間で楽しみましたので、途中、ご用事の方は退出されましたが、最後まで、残られた方々と記念撮影。
今回も、何とか無事に終了できました。
皆さん、私の拙い遊びの会に参加くださり、ありがとうございました。

本日の一枚の着物からの内容です。

本日は、一枚の着物からの第三回です。
13時過ぎ頃には、会場の人形町区民館、6階の6号和室にいます。
駅に着いて迷ったり、分からない場合は、
080-6540-4429まで、連絡ください。
添付画像は内容の一部です。
また、定員に余裕がありますから、本日、飛び入りで参加したい方がいましたら、どうぞ。その場合は、kimono-kinutaya@ezweb.ne.jp まで、参加意向のメールを送信してください。
それでは皆さま、お待ちしています。

2011年1月24日月曜日

一枚の着物から Vol.3 参加募集を延長しました!28日(金)まで。

1月30日(日)の一枚の着物からへ参加のご連絡をいただいた皆さん有難うございます。

只今、10名弱の方から参加の予定を頂きました。

まだ定員の20名(私の引いて19名ですが)には余裕がありますから、どうぞ。

引き続き、

にて、参加受け付けておりますので、よろしくお願い致します。

皆さんと一緒に、着物や反物などを通じて共に楽しむ会ですから、気軽に参加してくださいね。

 

2011年1月17日月曜日

一枚の着物から Vol.3 受付フォームです。

締切りは、1月24日 月曜日です。

ご注意:受付フォームが正常に作動しない場合は kinutaya@gmail.com へ直接、参加希望のメールを送信してください。




締切りは、1月24日 月曜日です。

1月30日 (日)、一枚の着物からVol.3を企画しています。

昨年、2回行いました「一枚の着物から」の3回目を来る1月30日に行います。皆さん、遊びに来てください。

 日にち: 1月30日 日曜日
時間: 13時15分~4時頃まで(最長17時まで)。
場所: 区立人形町区民館6階 6号和室(定員20名)
費用: 特にご負担頂く費用はありません。もちろん販売等はございません。(区民館では物品販売を禁止しています
参加条件: 特に何の制限もありませんが、和室定員が20名のため、参加の意向だけ人数確認を兼ねて参加希望のみ確認させていただきます。

会場に用意するもの
l         着物・長襦袢などの残布や端布
l         紋典(家紋の辞典)
l         満開(無地染色見本)
l         小袖・図柄の本
l         実際の商品に触れてみる教材としての反物や帯地、数点(もちろん非売品)

今回の遊びは、織物の3原組織を簡単な紙の機を使って
実際に織り込んでみましょう(皆さん各自に用意します)。
平織り・綾織り・繻子織りの違いを端布を見ながら確かめてみましょう。
 あとは皆さん自由に、用意した生地や反物に触れて遊んでください。

今回の内容について:
以前は家族・親類や近所の方で着物を着る人もおり、生活の中で見聞きしながら着物の種類や着物選びなどに同席する機会が多少なりともあったのではないでしょうか。
今、着物や呉服に触れる機会は新品・リサイクルに限らず「店頭で触れる」ことが多いと思います。
そのため、着物・反物などに接する場合、どうしてもその場での「売買」の関係を保って触れることになりますね、ちょっと緊張しながらで「肩にあてて買わないのもなぁ~」という気にもなるものです(実際、自分も何か買う時そんな風に感じます)。

今回の「一枚の着物から」では、実際の反物や帯地、小物などを前回よりも、もう少し多く用意して自由に「実物」に触れてもらえる機会を増やしてみます。
それと合わせて、着物・長襦袢などの端布と紋帳、色見本、図柄本等も持参します。
着物に関心をもつ、お店で反物を選び実際に着物を着る。この中間をフォロー出来ればと考えています。

2011年1月15日土曜日

博多帯のラベルについて

本日の「ぶらっと着物」で

博多帯の証紙ラベルに付いてのご質問がありました。

改めてこちらに明記しておきます。

帯屋さんにお尋ねになるとさらに詳しい情報も得られるかも知れません。

現在のところ

証紙は原料の糸の種類により四色の表示となっています。

  • 金色 
    • 経緯=本絹使用
    • 緯糸=本絹使用
    • 上ススギ緯糸も使用
  • 緑色
    • 経糸=本絹
    • 緯糸=本絹以外の絹
    • ススギ緯糸も使用
  • 紫色
    • 経糸=本絹以外の絹
    • 緯糸=本絹以外の絹
  • 青色
    • 絹以外の繊維
    • 天然=綿、麻など・化繊・合繊

補足:本絹の定義は

  •  
    • 本絹{(飾り糸も含む)絹紡糸・酢蚕糸・増量加工糸を除く絹糸}
      • 上記、絹紡糸は副蚕糸を原料とした糸。銘仙などに用いる。副蚕糸は屑繭や玉繭や絹糸の屑などの事となっています。

ススギ糸については、精錬していない絹糸(膠質が残っている)を定義しているらしいのですが、もう少し調べてみます。

 

以上、参考にしてみてください。

博多織工業組合のサイトに証紙と上記の説明がありますのでリンクさせておきます。

http://www.hakataori.or.jp/union/syoushi.htm

本日の新春ぶらっと着物、無事終了!有難うございました。

雨や、雪も降ることがなく、何とか無事終了しました。
出世稲荷
椙森神社
小網神社と散策し
途中、芳町町会婦人部の方の鏡開きの会場で「おしるこ」と「缶コーヒー」をご馳走になりました。
その後は自由行動。
最後は人形町区民館で集合し、お茶を一服。
集合写真を撮影し解散となりました。

ご参加くださった皆さん、お疲れさまでした。
次回のぶらっと着物は2月中頃の予定です。

2011年1月14日金曜日

新春 ぶらっと着物 日本橋人形町 最終決定事項の告知です。

新春 ぶらっと着物の決定事項を再度確認しておきます。

 

『新春 ぶらっと着物 人形町』

開催日: 1月15日 土曜日

集合時間: 14時00分

集合場所: 人形町時計台(ドトールコーヒー、居酒屋北海道前)

人形町通りで水天宮交差点を背に5車線の一方通行に沿って立った場合、前に人形町交差点があります。

この状態で、人形町通りの左側の歩道の上に甘酒横丁交差点先に時計台が建っています。

注意! 時計台は、人形町通りを挟んで少し離れたところ(水天宮寄り)に、もう一基設置されています(ラーメン屋・寿司の三崎港前)ので、間違わないでください。

休憩・懇談の場所として【人形町区民館 6階 5号和室】を用意しています。必要な場合は直接5号和室へいらしてください。

人形町区民館5号和室の開放時間: 15時~17時とします。15時には私(飯塚喜隆=いいづかよしたか)が、和室に待機しています。

15時以降、いつでも和室にいらしてください。休憩談話など自由。もちろんトイレも綺麗です。お茶も飲めます。

 

解散時間: 16時00分

解散場所: 人形町区民館6階 5号和室(集合時にご案内します。)

解散後、17時までの一時間、希望される方、時間の許す方は引き続き和室にて懇談しましょう。

和室退出時間 17時00分

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

簡単な交通機関の案内

都営地下鉄の浅草線、新宿線と営団地下鉄の日比谷線、半蔵門線の4線が利用できます。

 

  • 都営地下鉄浅草線 人形町駅下車 出口はA3の場合は、エレベーターが改札階から地上まで通じています。

A3出口を利用の場合

  1. 地上に出たら、すぐに左へ、
  2. 数メートルで人形町交差点
  3. メガネバスターの「オッサンの顔の看板」を正面に見て人形町通りを横断する
  4. 横断したら、歩道を左に進む。
  5. 数十メートル歩くと(ロン→伊勢盛→近為→花見煎餅→)本屋の文教堂が見える
  6. 文教堂の角にから歩道の先を見ると時計台が見えます。

A5出口を利用の場合

  1. 地上に出たら、すぐ左へ
  2. 数メートルで人形町交差点
  3. メガネバスターの看板を正面にみて、人形町通り一方通行に逆らうように横断。
  4. 歩道をそのまま、一方通行に逆らいながら進む。
  5. 数十メートル進むと本屋の文教堂がみえる。
  6. 文教堂の角から歩道の先を見ると時計台が見えます。

 

  • 都営地下鉄新宿線 浜町駅下車 改札は一つだけ、A2出口が最も近いです。
  1. 改札をでたら、左側通路へ向かう。
  2. 通路が突き当たったら階段(又は、その先のエレベーター)で地上に上がる。
  3. 地上は緑地の歩道なのでそのまま進む。右に明治座を見る。
  4. 広い通りの交差点に出たら、直進して渡る。
  5. 渡ると甘酒横丁の通りなので、そのまま400メートルぐらい進む。
  6. 甘酒横丁の交差点に着くので信号を渡る。
  7. 渡ったら歩道を右に進む。
  8. すぐに歩道上に時計台が見える。

 

  • 営団地下鉄日比谷線 人形町駅下車 A2番出口が最も近いです。
    • 上野方面に向かっている電車の場合、ホーム後方の階段上の改札を利用。
    • 銀座方面に向かっている電車の場合、ホーム前方の階段上の改札を利用。

A2出口を利用の場合

  1. 改札をでたら突き当たりを右に曲がる
  2. 階段を上がると地上に出る。
  3. 地上に出たら、歩道を左に進む。
  4. 目の前、数メートル先の歩道上に時計台が見える。

 

  • 営団地下鉄半蔵門線 水天宮前駅下車 8番出口が一番近いです。
    • 錦糸町方面に向かっている電車の場合、ホーム後方の2基のエスカレーター上の改札を利用。
    • 半蔵門方面に向かっている電車の場合、ホーム前方の2基のエスカレーター上の改札を利用。
    • エレベーターを利用する場合は、上記と逆の改札へ向い、改札外の左側にあるロイヤルパークホテルへの連絡口へ進み、ホテル内のエスカレータで地上へ、。

8番出口を利用の場合

  1. 改札をでたら左前方のエスカレーター(または階段)で上がる。
  2. 上がったら、正面の通路を突き当りまで進む。
  3. 突き当たったら左の8番出口の階段を上がり地上へ
  4. 地上に出たら、歩道に沿ってそのまま前進する(人形町通りの一方通行に同調して進む)。
  5. 立花屋→初音→紅虎→かねまん→スガヤと進むと甘酒横丁の交差点に着く。
  6. 交差点を渡る、前方の歩道上に時計台が見える。

 
より大きな地図で 無題 を表示

 

だいたい上記のような感じです。

当日、困ったときは kimono-kinutaya@ezweb.ne.jp へメールを下さい。

また、散策時の緊急連絡先は、携帯番号を集合時に、お伝えします。

 

寒くなる予報ですから、防寒対策を。

それでは、明日、お会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

2011年1月13日木曜日

人形町の簡単な散策マップです。

『新春 ぶらっと着物』は今週の土曜日です。
いよいよ明後日ですが、どうにか雪は免れそうな天気予報です。
大変遅くなりましたが【人形町散策マップ】を簡単ですが作ってみいました。
お店の名前だけですが、先にアップします。
店の解説などは、間に合えばアップしますが、無理なら当日に持参します。

クリックすると拡大されます。

2011年1月11日火曜日

『新春 ぶらっと着物 人形町』 休憩場所として人形町区民館和室を確保しました。

新春 ぶらっと着物 人形町の開催日は1月15日ですが、一年で一番寒い時期ですね。

そのため、暖をとったり、親睦を深めたりできるスペースとして人形町区民館の5号和室をご用意しました。

一応、14時~17時の間で、利用出来るようにと考えています。

人形町は平坦で移動しやすいので散策もしやすいと思います。

散策を14時~16時までの2時間として、残りの1時間を懇談・親睦・着物情報の交換などにこの和室を利用してもらえればと考えています。

また、和室の利用時間は13時~17時なので、もし、着物に着替えて参加したい方など、希望があればできるだけ沿いたいと思います。

私の都合で14時近い時間でなくては合流できないので、その場合は何らかの方法を考えます。

希望される方は、 kinutaya@gmail.com まで、金曜日(1月14日)までに連絡をください。

【人形町区民館】については、ブログの過去記事2010.10がつの人形町区民館の案内を御覧ください。

 
より大きな地図で 人形町区民館の案内 を表示

上記が人形町区民館の位置です。地図には旧館のあった場所に人形町区民館と書かれていますが、現在(2010年10月以降)は、地図中の青いポイントに人形町区民館があります。旧館から路地を挟んだ向に移っただけですけどね。

【休憩場所として確保した場所】

人形町区民館の建物は複合施設のビルで一階正面には【中央区立人形町保育園 人形町区民館 グループホーム人形町】の三施設が併記されています。

人形町区民館の和室5号室が会場です。ビルの6階にあります。

詳細は集合時にご案内します。

1月15日 土曜日 『新春ぶらっと着物 人形町』 集合場所情報

1月15日 土曜日の『新春 ぶらっと着物 人形町』の集合場所の情報です。

人形町のメインストリートは人形町通りです。この通りの中程、歩道の上に高さ5メートルほどの時計台があります。

時計台は人形町通りの左右の歩道に各一基ずつ設置されています(ちょっと紛らわしいのですが・・・)。

人形町通りは、水天宮交差点から秋葉原手前までは、5車線の一方通行です。

今回の集合場所となる時計台は、この一方通行の進行方向に沿って立つと左側の歩道にある時計台です。

水天宮交差点から人形町交差点に向かう左側歩道ということになります。

上記の写真の時計台です。水天宮交差点から歩いて来て見える様子です。

時計台の前にはドトールコーヒーがあります。時間までコーヒーを飲んでいても集合場所が見えるので、寒い時は利用しては如何でしょう。

また、こちらの画像は人形町交差点から、人形町通り一方通行に逆らうように通り右側の歩道を歩いて来て見える時計台です。

手前、横断歩道右手角に【文教堂書店】があります。こちらから時計台までは10メートルほどですから、こちらで集合時間まで暖をとっても良いと思います。

時計台を人形町通りを挟んだ反対側の歩道から眺めた様子です。一方通行に自動車が走っているのがわかると思います。

居酒屋の【北海道】がドトールコーヒーの並び角にあり、北海道の前には木彫りのデカイ熊が置いてありますからすぐわかります。

 

集合時間は14時です。